06/24/19-06/30/19

 火曜日に講義。それから引き続き28人分の中間レポート採点と内容に踏み込んだコメントを書くという作業を行った。昨年度の反省(コメントを別紙にワードで作成していたら一人当たりの字数が平均で1,000字を越えてしまった)を生かして、紙に出力したレポートの余白に書ける範囲で手書きでコメントするというやり方を採用したのだが、確かにこちらのほうが細かい赤入れと総評的なコメントの対応が目で見てわかりやすく、字数も一定程度に収まるというメリットを実感しつつも、右腕を酷使した結果として肩が痛くなるという副産物に悩まされて困った。

 肩の痛みの余波を受けて論文執筆は引き続き低調に終わる。

 しかし前々から予定を入れていた内輪の検討会の当日である土曜の朝になってからようやく気合を入れ直し、一時間くらいで今まで書いていたメモをつなぎ合わせて一応頭からお尻まで読める状態にして持って行く。本来的にはこういう作業を最初にやって大枠を作っておいてから、細部の調整に向かうべきだと思うのだが、いつも締切の直前になるまでアウトプットのクオリティについてのハードルをなかなか下げることが出来ずに結果的に作業に手を付けられない、という悪循環に陥りがちなところは反省点である。しかし毎回わかっていてもなかなか改善するのは難しい……。

 検討会での議論は(久々に他人と研究の話をしたこともあって)大変面白かった。やはり定期的に本業の研究について話す時間を取るべきなのだろう。あと、他人の研究計画や草稿についてコメントするという活動が、やはり私はそれ自体としてけっこう好きである。

 そこでの議論に触発されて、久々に歴史的研究と現在の問題に対する規範的提言の関係について考えるところがあったので、イアン・ハッキングの「哲学者のための2種類の『新しい歴史主義』」論文を久々に再訪していた。歴史的研究をやる上で論者の規範的関心と歴史的分析をどのように折り合いをつけるかということは難しい問題であって、ハッキングのこの論文はこうした議論に関係しているのが、おそらくここで彼は少なくともその一つのやり方を明確に否定している。

問題がどこから出てきているのかを理解すれば、それによってその問題は消え失せてしまう、という素晴らしいアイディアがある。これをヘーゲル的と呼ぶのは正しい。また、この考え方は、フロイトウィトゲンシュタインの中にも同じように見いだすことができる。『狂気の歴史』やその他の初期の著作におけるフーコーからも、このような考えは、単なる雰囲気以上のものとして見てとれる。私は、このアイディアはまったくの間違いだと考えている。自分が理解しているところでは、例えば偶然や虐待についての私の研究は、自由意志の問題や、国と親と子供のそれぞれが持つ権利についての問題を解決しようとするものではない。私は決して、核心にまで達したらその問題は消えうせるはずだなどという馬鹿げた独善的な考え方はしない。私にできるのは、これまではそこに何か問題があることが分かっていたようなことについて、なぜそれらの事柄に問題があるのかを示すことだけである(Hacking 2002=2012: 160)。

 この議論は、しばしば「現在に対する他の可能性を求めて歴史的研究を行う」式のレディメイドな議論に訴える歴史社会学者に対する痛烈な批判になっていると思われるが、かといって現在の歴史についての探求がなんらかの意味での現在の問題をよりよく把握すること(そして場合によってはその状況を改善すること)につながりうるということをハッキングは決して否定していないと思われる(もし彼がそうしたつながりを単に否定しているのだとしたら、同じ論文のなかでシェイファーとシェイピンの仕事について肯定的に言及しながら「こうした歴史記述は、その対象が一九七〇年代であれ一六五〇年代であれ、過去についての単なる好奇心から出てくるようなものではない。彼らが意図していたのは、われわれがいま直面しているこの現実や、われわれが現在行っている推論法、それに、現在の我々の研究様式について、何ごとかを示すことである」(Hacking 2002=2012: 150)とは決して書かなかっただろうし、そもそも児童虐待や多重人格といった概念をめぐる一連の「現在の歴史を書く」というプロジェクトもありえなかっただろう)。ではそうした繋がりは、一体どのような書き方を採用したときに最もうまく示すことができるのだろうか、というのが次に我々が取り組むべき問い(というか課題)となるだろう。

知の歴史学

知の歴史学

 この点以外にも「哲学的分析とは、概念の分析である。概念とは、然るべき場所に位置付けられた語のことである」(Hacking 2002=2012: 155)という断言などについて、改めて考えさせられるところが多かったと記しておく。

 しかしこれでようやくHistory & Ethnomethodology Blogっぽくなってきたな。